雨のラブラドールパーク探索

2014年5月 シンガポール


Ghim mohのホーカーでお腹パンパンになった後は、サークルラインでブオナビスタ駅から、ラブラドールパークに行ってみることにしました。
lovehorseさんのコチラの記事を見て、前から行ってみたいな~と思っていたのです。

少し前までは、何がなんでもバスで行きたい!と謎のこだわりがあったのですが、最近は適宜MRTも併用しています。
時間が読めるのと、早いのは便利ですね。

あっという間に到着!

あれ・・・


f0343001_20460479.jpg


えーーー!
あんなにいいお天気だったのに、激しいスコールが来てしまいました。
一旦帰ろうかなぁとも思いましたが、根が怠け者の私は一回帰ると出るのが億劫になってしまうので、階段に座って雨がやむのを待つことにしました。
幸いなことに、10分くらいで過ぎ去ってくれたので、いざ出発!

ずんずん歩いていくと、公園の入り口が。


f0343001_20464159.jpg


標識もあります。


f0343001_20462593.jpg


・・・私はここで選択ミスをしました。
ラブラドール公園の自然を楽しみたい人は、矢印が全然ない、「A」のほうに行ってください!!

この標識をみて、「A」の方面は駐車場しかないのか・・・?と勘違いをしてしまったのです。
「A」には矢印がないしなぁと思って、まっすぐ「B&C」の方面に進みました。

あ、公園内は結構虫がいるので、虫除けスプレーしたほうがいいです。
私はアリに足を噛まれました・・・。



f0343001_22270274.jpg

・・・ひたすらこんな道。
自然は一体どこにあるんだ?!と思っているうちに、海辺についてしまいました。


f0343001_20511782.jpg


f0343001_20513632.jpg


私はこの地図の一番下のグレーのPoat Roadを歩いてきてしまったんですね。
そりゃ何もないですね・・・。


でもでも、海辺は気持ちがいいです。
イーストコーストパークと同じように(距離はだいぶ遠いけど)、飛行機がひっきりなしに見えます。
心地よい風に吹かれながらベンチに座って、ぼーっと15分くらい飛行機を眺めていました。


f0343001_20544856.jpg


結構大きなトカゲもいました。
近づいたら、海に逃げてしまいました。


f0343001_20510220.jpg


と、そんなこんなしているうちに、元々怪しかった雲が更に怪しくなり、遠くでゴロゴロという音が・・・。
どうしようと思ったときには、すでに時遅し。
ポツポツ始まってしましました・・・。

真っ暗な空を見ていたら、なんだか急に心細くなり、帰りたい!帰る!!! と強行出発。
途中東屋みたいな場所があったので、ちょっと避難しつつ、ハーバーフロント方面に向かいます。



f0343001_22452608.jpg


憧れだった海の上の遊歩道も味わっている余裕なし。


f0343001_20585560.jpg


遊歩道を渡り終わる頃には、もはやポツポツどころではなく。
空もますます真っ黒。



f0343001_22482765.jpg


そんな中でも、このコンドミニアムいいなぁなんて思ってパチリ。
タケノコのほうじゃなくて、手前の低層の建物です。
こんなところで生活したら毎日楽しそう~。
でも実際暮らしたら、潮や湿気が大変かな?


頑張ってメイン通りのKepple Viadictまで出て、そこからバスに乗って帰りました。
ドキドキして疲れたのか、帰ったら、パタンと倒れて1時間半ほど爆睡してしまいました。


しかも、後日もう1回lovehorseさんの記事を見たら、私が行きたいと思っていた遊歩道は駅まで続いていた模様。
んーー?と思って、Googleマップを見たら、私そもそも駅出たときから間違えていました・・・。
駅を出て、Alexandra RoadからLabrador Villa Roadに入ってずーっと歩いていったのですが、その遊歩道を通るにはAlexandra Roadではなく、細い小道に入らないといけなかったようです。

次回、リベンジ!



*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*。:+*.゜。:+*.゜。:+*.

場所:Labrador Nature Reserve
住所:Labrador Villa Road, Singapore 119187
バス:408  ※土日祝のみ運行
MRT:CC線(環状線) Labrador Park

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*。:+*.゜。:+*.゜。:+*.

[PR]
Commented by kaonoi at 2014-07-04 08:57
ここ、サークルラインが出来る前は不便だったので
公園好きの私も行っていないんですね
Ang Mo Kioからだと Sungei Bulohとかブキティマの方に
行っちゃうことが多かったです
Commented by lee_makan at 2014-07-04 21:09
みなさん、このお散歩コースを気持ちよく歩かれてたので
私も興味あるんですが、日焼けが気になって。。。
上からの日差しと海からの照り返し、顎の下まで日焼けしそうです^^;
これくらい曇りの日がちょうど良さそうです。
リベンジ、頑張ってください!
そういえば虫除けスプレーってみなさんシンガに持って行くのでしょうか?
私は持って行ったことがないのだけど。。。
街中歩いてても蚊に刺されたことないし。
やっぱりこういう自然公園には、蚊もいるのかな?
Commented by kaonoi at 2014-07-05 13:06
私は持っていかないですが、自然公園にはいますよ < 蚊
あとはナイトサファリでも刺される人は刺されます
もちろん、シンガポール全体では日本よりぜんぜん少ないですけどね
Commented by sayapom at 2014-07-05 21:25
★kaonoiさん★
アンモキオから遠いですもんね。
ブキティマは今興味があって、次にシンガに行ったら、訪れたいなと思ってます^^
Commented by sayapom at 2014-07-05 21:30
★Leeさん★
確かにこの日は日焼けは全く気にする必要なしでした。
海からの照り返しは結構きついですもんね^^;

虫除けはシンガに行くときは持っていきますが、街中では使わないですねぇ。
自然公園系(マクリッチとか、マウントフェーバーとか)のときには、公園に入る前にシュッシュとしてます。
今回もですけど、ちっちゃいアリがいて、噛まれると結構痛いんですよ~。マウントフェーバー行くときも噛まれました・・・。
Commented by kaonoi at 2014-07-06 10:13
ブキティマヒルは猿が多いので
麓の住宅街のゴミ置き場が金網で覆われています
自転車(マウンテンバイク)のコースもあって
とんでもないところから飛び出してきて
驚いた記憶がありますよ
Commented by sayapom at 2014-07-07 00:14
★kaonoiさん★
おぉ~、猿多いんですね。
マクリッチ貯水池で初めてシンガの野生猿を見てびっくりしました。
食べ物手に持って歩かないように気をつけます^^;
Commented by kaonoi at 2014-07-07 22:51
シンガの場合は猿といっても野生なので
(というか、餌付け自体が違法)
人が近づいたら逃げると思いますよ

高崎山とか宮島の猿のように
人間がポケットに手を入れると襲ってくる
日本の猿のほうが怖いです
Commented by sayapom at 2014-07-11 21:30
★kaonoiさん★
シンガの猿は人慣れしてないんですね~。
バリ島では猿の襲撃がすごかったです。私は持ってなかったので大丈夫でしたが、食べ物持っている人はことごとく奪われてました^^;
Commented by kaonoi at 2014-07-12 19:20
猿は賢いんで、餌を持ってくることがわかるとダメですね
ポケットや鞄に手を入れたりすると餌を出すと思って
ペナン島やプーケットとかの猿でも、人に襲いかかります

シンガの場合は餌付けは一切禁止で徹底していますので
そもそも人をみると逃げちゃいますね < 猿

逆にモニターリザードなどのオオトカゲは
食物連鎖の上位にいるためか、まったく人を恐れないで
道を封鎖したまま平気でいますから
シンガの自然公園とかでは立ち往生することもあります

マクリッチとかでジョギングしていて、角を曲がるとオオトカゲとか
洒落にならないくらい驚きますね (笑)
名前
URL
削除用パスワード
by sayapom | 2014-07-03 23:34 | Singapore★観光★ | Comments(10)

旅の記録を兼ねて大好きなシンガポールの食べ物ネタを中心にアップします♪


by sayapom