死を垣間見たtree top walk ~マクリッチ貯水池~

2014年9月 シンガポール


食べたら歩かなくちゃ!
ということで、Casuarina Curry でプラタとカレーを食べた後は、マクリッチ貯水池へ。
今回は、ツリートップウォークという、つり橋を渡るのが目的!

先に申し上げますと、つり橋コース、なめないほうがいいです。 ←私はなめてた
お散歩気分で行くと、かなりハードです。
辛くても途中で抜けられません!

と、前置きはこのくらいにして、お散歩スタートです。
空の色はイマイチでしたが、相変わらず雄大な風景です。

f0343001_12113411.jpg


右下のバスのマークがあるところから出発です。
(この看板はつり橋を渡った後に撮ったものなので、You are hereの場所は違います。)
ツリートップウォークにいきたい場合は、反時計回りがポイントです。
なぜなら、ツリートップウォークは一方通行のため、時計回りでいくと遠回りして同じところを2回通ることになっちゃうからです。
つり橋に行きたい方は気をつけてくださいね!


f0343001_12265427.jpg

入り口近く。水の色がグラデーションになっていてキレイでした。
実際は緑というより青っぽかったです。

f0343001_12125668.jpg

猿!
この日は猿がすっごくたくさんいました。
近づいたら襲いかかられそうになって、慌てて逃げました。

f0343001_12131016.jpg

ここにもたくさん。
ポツポツ見える茶色いのが猿です。

f0343001_12134292.jpg

猿の集団をとおりぬけた後は、いよいよトレイルコースです。

f0343001_12135677.jpg

こんな感じの木々の中を歩いていきます。
常に緑に囲まれているので、日陰になっていて涼しいです。

f0343001_12141011.jpg

お!
リスさんを発見しました。
すばしっこくてすぐ逃げちゃいます。

f0343001_12150949.jpg

ひたすらに森の中を歩きます。
途中アップダウンもけっこうありますので、スニーカーで来たほうがいいですよ~。

一体どこまで歩けばつり橋にたどり着くのか?!と思ったスタートから1時間15分、ツリートップウォークに関する看板が出てきました。
もうすぐもうすぐ♪

f0343001_12155918.jpg

枝が落ちてくるかもしれないから気をつけましょう。
この看板の階段を下りていくと・・・

f0343001_12161673.jpg

つり橋が見えてきました!!

f0343001_18181063.jpg

ここから先は一方通行ですよ、の看板があります。

f0343001_12171031.jpg

ついに着きました~!!
こんな風に管理人さんがいて、一方通行を逆走しないように見張っています。
料金所みたいに見えますが、お金は取られません。

f0343001_12173128.jpg

じゃじゃーん!
念願のつり橋です!
私の写真技術のなさにより、すごさがイマイチ伝わりませんが、すごいです!

金網なので、下は透けて見えます。高所恐怖症の人は足元は絶対に見ないほうがいいです。
幅はとても狭く、普通に歩くとすれ違うことはできません。なので一方通行なんでしょうね。

f0343001_12185727.jpg

まるで熱帯雨林のようです。
このつり橋、かなりの高さですが、それよりも高いところまで木が伸びているのは驚きです。
遠くに見える池は、マクリッチ貯水池の北側にあるアッパーパース貯水池です。
つり橋は、マクリッチ貯水池からは結構離れたところにあり、アッパーパース貯水池との中間くらいのとこにあります。
f0343001_12204090.jpg

振り返ってみました。
このつり橋、かなり長いですね~。10数メートルあるみたいです。

f0343001_16095656.jpg

渡り終えたら道なりにまたずんずん進みます。

f0343001_12272901.jpg

このあたりは道がしっかり整備されていて、歩きやすいです。

f0343001_16141650.jpg

問題はここから先。
あるところまでいくと、道が3方向に分岐しています。(看板の地図上は2方向なのですが、実際には3方向あり)
下に行くのは一番距離が長そう。迷った結果、ショートカットできるのではと地図上にない道を行くことに決定。

これがですね、獣道でした(笑)
傾斜をのぼり・・・

f0343001_12290991.jpg

えっ!丸太?!
またげる高さではないので、腰をかがめて下をくぐります。

f0343001_12280710.jpg

獣道の写真はすべて手ブレしていました(笑)
カメラを構える力が残っていなかった模様です。ここから先はもう写真がありません。
脚に鞭を打つとはまさにこのこと、もう死ぬ!と何度も思いながら歩きました。

森からコンクリートの道路に出るのに30分、もしかしたらもっとかかったかもしれません。
しかし、悲劇はここで終わらず・・・

大きい道路に出れば、バスに乗れると思っていたのですが、コンクリート道路をしばらく歩いて目の前に見えたのは、なんと高速道路(泣)
googleマップを見てみると、当分先までバスが通っている道はない。
仕方がないので更に歩き続け、バスが通っている通りまで出てきました。
ふと周りを見ると、見覚えのある風景。

なんと、Beauty World Centreの裏まで来ていました!びっくり。(Beauty World Ctrはコチラ
このままマレー鉄道跡を歩くことも可能でしたが、当然行かずにバスで帰りました~。


さて、恒例の(?)歩き自慢解説です。
こんな感じです。8~9キロといったとこでしょうか。

f0343001_19335771.jpg

つり橋コースの恐ろしいのは、つり橋が決してゴールではないこと。
スタートからつり橋までと同じ距離くらい、車が通る道路に出るまでに距離があります。
分岐点からは、下に行くのが正解だったかな。
下に行くと、もう1つの目玉スポットJelutong Towerという展望台もあるのですが、このときには疲れてすっかり忘れてました。

力不足により、どうも死を垣間見た感が伝わらないのですが(笑)、相当辛かったです。。
3時間くらい歩き続けてました。

日陰ですが、汗はかきますし、体力を使うので、ペットボトルは必ず持っていってくださいね。
二人で500mlのでしたがちょっと足りませんでした。1人1本は持ったほうがよさそう。

死を垣間見たとか脅してしまいましたが、お散歩気分で行ってしまったので、そう感じたのだと思います。
トレッキング、と思って行けば、きっと大丈夫です♪
素晴らしい景色が待ってますので、是非チャレンジしてみてください~!


*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*。:+*.゜。:+*.゜。:+*.

場所:MacRitchie Reservoir Park
住所:Lornie Rd
バス:52,74,93,130,132,156,157,162,162M,165,166,167,852,855,980
MRT:CC線(環状線)Caldecott駅

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*。:+*.゜。:+*.゜。:+*.

[PR]
Commented by lee_makan at 2014-11-03 20:52
私なら死んでます!(笑)
日陰でも汗をかいたというのは、冷や汗だったのでは?
本当にお疲れ様でした。。。
これ、お一人で行かれたのですか???
今、カナダで行方不明になっている日本人観光客の方がいますよね?
どうもハイキング途中で遭難したのでは言われています。
シンガだからそこまではないけど、くれぐれも気を付けてくださいね・・・
Commented by sayapom at 2014-11-03 23:37
★Leeさん★
私も死にかけました(笑)
日陰とはいえ、日が差してる場所もあったり、アップダウンもけっこうあるので、普通に汗かいちゃいました^^;

あ、この日は友達と行動していたので、マクリッチ散歩も友達と一緒でした~。
写真のとおり、そんなに人はいないので一人だとちょっと怖いかもしれないですね(複数人で行ったの、ちょっと分かるようにしておきます)。
二人でも、これ、シンガじゃなかったら無理だねぇって話してました。

安全なシンガといえども、やはり外国。気を抜き過ぎないようにしなくちゃですよね。
日本では電車で爆睡してますが、バスやMRTでは一人の時は絶対に寝ないなど、最低限の注意はするようにしてます。
Commented by lovehorse at 2014-11-04 02:54
うふふ。健脚だわ~!
ワタシもここに行きましたが、タクシーでビーナスドライブってところの
駐車場まで行って、そこから歩いたので、比較的すぐに吊橋につきました。
でも確かにその後が長くて(どこを通ったのか覚えてないですが)、日曜
に行ったので、人もたくさんいたから着いて歩いたんです。で、道路に
出たところで、たまたま通りかかったタクシー捕まえてホテルに戻りました。
sayapomさんの半分くらいしか歩いてないと思うけど、それでもしんどかった。
汗が止まらなくなりましたもん。(笑)
Commented by kaonoi at 2014-11-04 10:37
ここは週末トレイルランの練習コースで賑わいます
私のような一般ジョガーも家族連れのハイカーもいますので
土日の午前中は、オーチャード並みの混雑になりますよ (^^)

ちなみに分岐点からの獣道 まったく記憶にありません
いつも南側に行ってSICC(ゴルフ場)脇の道を戻っていました

お疲れ様でした!
Commented by kaonoi at 2014-11-04 10:41
ちなみに 私が行った時の状況は下記です

http://pattaya.exblog.jp/10338341/
Commented by sayapom at 2014-11-06 00:39
★lovehorseさん★
もうぐったりでしたよ~。
疲れをひきずり、次の日は夕方までのんびりして過ごしました^^;

つり橋渡って、全体図を見てからビーナスドライブは気付きました。
バスも入り口ほうに停まるのでここから行けばよかったなぁと後悔でした・・
帰りにタクシーつかまったのはラッキーでしたね!
タクシー何台か来たのですが、みんなon callで乗れず。。
いやぁ、つり橋おそるべしです!
Commented by sayapom at 2014-11-06 00:42
★kaonoiさん★
午前中が混み時なんですね~。
土曜日でしたが、午後だったからか人はポツポツでした。
kaonoiさんの記事みたら人が多くてビックリ!

展望台あるし、池の脇を通るし、結局近かったし、南にいけばよかったです。
また行きたいと思うものの、当分はいいかな~^^;
名前
URL
削除用パスワード
by sayapom | 2014-11-03 19:23 | +Singapore★観光★ | Comments(7)

旅の記録を兼ねて大好きなシンガポールの食べ物ネタを中心にアップします♪


by sayapom